3

10月 12

 

Screenを使ってSSHの中断と再開

SSHを使ったUnix系シェルの操作時に、GNU-Screenを使ってターミナルの拡張をしている人は多いと思う。
Screenを使い始めの頃、シェルのログイン時にscreen -rdで以前のセッションを引っ張って来る方法を採っていた。
しかし、この方法だとセッションが存在しない場合に生成されない。

当時、screenがない場合は新しいセッション作って、既に在る場合はscreen -rdしたいなと思って、
大げさにもシェルスクリプトを組んだのはアホな思い出・・・。
そして結局その必要はなく、.profile(システムログイン時に実行されるバッチ処理)に

screen -d -RR

と書くだけで事足りてしまった。

これによって私のLinuxライフが格段に快適になった事は言うまでもない。
会社でサーバーにログインして作業して、家に帰ってサーバーにログインすれば作業中の内容をすぐに復元できる。
普段何気なく使っているが、これって実はとても凄い事だと思う。

man引用

-d -RR セッションを再アタッチする。必要ならばまずデタッチするか、
あるいはセッションを生成する。 複数のセッションをアタッチ可能な場合は、最初のセッションを使う。

車輪の再開発って奴でしたネ。




No comments yet, be the first.

コメントを残す