keyboard-key-success-online-computer-the-business

ロリポップのライトプランからスタンダードプランに変更したところ、SSH接続が使えるようになったので、使おうと思ったのですが、物凄くIDもパスワードも長いし、なおかつパスワードの変更ができないので、パスワード認証は早々に諦めました。

調べると鍵認証ができるようで、そちらに切り替えたので備忘録的に書いておきます。

鍵認証のやりかた

まずはローカルで鍵を生成します。

この際、パスフレーズを尋ねられるので入力しておくのがいいと思います。
後で鍵を使ってログインする時に、はじめの一度だけ尋ねられるので、よりセキュアです。

さてそうすると

ができたはずです。

次にサーバー側に移動

サーバー側のホームディレクトリに.sshディレクトリがなければ作ります。
そしてそのなかに、authorized_keysファイルを作ります。

そうしたらローカルの.ssh/id_rsa_loli.pubの情報をリモートの./ssh/authorized_keysに書き込まなくちゃいけません。
何らかの方法でファイルを転送して

$ cat id_rsa_loli.pub >> authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys

を行います。
ローカル側の秘密鍵のパーミッションも600にしないと、この鍵のパーミッションはtoo open(ガバガバすぎる)と警告が出て使えません。

最後に、ローカルの~/.ssh/にconfigファイルを作って
その中に

と書き加えます。
これで準備完了。

最後に

と入力したらパスフレーズを尋ねてくるので、それを入力すると接続出来ます。

以後は

と入力するだけでパスワード抜きで接続できます。

ロリポップ/SSHでパスワード無しで接続する(チカッパプラン) [俺の基地]

こちらの記事をおおいに参考にさせていただきました。
ありがとうございます。




terminal

何回か忘れたのでメモ。

du
-m : メガバイト表示
-a : すべて表示

sort
-r : 通常昇順表示なので、それの逆順、降順表示
-n : 数値として認識
-k1 : 一列目の要素を使って並び替え

top
-20 : トップ20行目までを表示




tmuxステータス

macbookを買ってから一番の不満はターミナルの中のtmuxを、縦分割にすると文字が崩れて使い物にならない事だった。

そこでiTerm2というものがあるという事を知り、使ってみた所素晴らしかったので思わず上のようなツイートをしてしまった。

ターミナルがまともに使える様になったことでMacを使う気がもりもり増してきたぞ!という事で、tmuxのステータスバーをいじってターミナルに住みやすくしました。

ちなみに僕のMacのバージョンは”10.11.5″でした。

まずは電池残量

こちらを参考にさせてもらいました。
Battery – バッテリー情報をターミナルで確認できるスモールユーティリティ

でインストール完了。あ、Homebrewがインストールされている必要がありますが、この話題を見ている人には問題ないかと思います。
いちおう、Homebrewのインストールは以下から。

Homebrew — OS X 用パッケージマネージャー

さて、batteryのインストールが終わったら

ターミナルで
$ battery

と入力してみましょう。今のバッテリー情報が取得できると思います。
とりあえずここまで。

次にwifi情報

こちらを参考にさせてもらいました。
ターミナルマルチプレクサ tmux をカスタマイズする – Qiita

さて、こちらにあるget_ssidを実行してみたところ、僕の環境では以下のような表示になります。

なんかvital.shがないっぽいのだけど、最終的にはssidと電波感度が取れている。
vital.shについては削って良さそうだ。

ということで、必要ないと思われる部分を省いたものをこちらに用意しました。

getwifi.sh

これを実行するとssidの部分だけ取得できます。

.tmux.confに書き込み

僕はステータスバーの右側にこれらの情報を表示したいと考えました。

.tmux.confに以下の設定を追加します。

batteryはHomebrewでインストールしているので最初からpath通っていると思いますが、getwifi.shの方はパスの通っているところに置くか、フルパス指定してあげてください。

そしてtmuxを起動するとステータスバー右側に左から順にwifi情報、バッテリー情報、日付とならんで表示されていると思います。

ちなみに文字が切れている場合は

の1行を.tmux.confに追加してあげることで、ステータスバーの表示領域が広がり、全部の情報が表示されるようになると思います。

現在、僕のターミナルの表示はこんな感じになっています。

tmuxステータス

これで長時間フルスクリーンでターミナルを使っても集中できるようになったと思います。

それでは、皆さんの快適なターミナル生活を願っております。