Posts Tagged ‘mint’

VirtualBox

先日、VirtualBoxの中で使っているWindowsの時間を巻き戻したり早送りしたりしたいなあと思いました。
それについての方法はこちらの
VirtualBoxでゲストOSの日時を変更する方法 – デバッグな日々
にて知る事ができました。ありがとうございます。

文中で実行形式が.exeとなっていることから、この記事を書かれた方のVitualBox実行環境はWindowsのようですが、Linuxでも同様のコマンドで問題ありませんでした。

さて、時間をずらす事ができるのが確認できたので、これをもっと使いやすくしたいと思います。

RubyのDateを使って経過日数を計算するプログラム

という事でさくっと作ってみました。

#!/usr/bin/ruby
#setday.rb

require "date"

d1 = Date.today
#日時指定
d2 = Date.new(2015, 7, 5)
dif = d1 - d2

#60000msec * 60min * 24hour = 86400000
print (dif.to_i * 86400000 * -1).to_s

簡単に説明すると、d1に本日の日付が入ります。
d2に指定日の日付が入ります。d2からd1を引くと、指定日からの経過日数を得る事ができます。ここでは2015/07/05にセットしたいと思います。
あとは一日86400000msecですので、これに経過日数をかけて指定日までの巻き戻し時間(ms)を得ます。

*-1しているのは、ゲストOSの時間を巻き戻すには負の値が必要だからです。
いわずもがな時間を早送りするには正の値で指定します。

さて、このプログラムを実行すると
-4320000000 という数字を得る事ができました。(2015/08/24現在)

VirtualBoxのゲストOSのシステム時間を変更する

こいつを使って、VirtualBoxのシステム時間を設定します。

VBoxManage modifyvm "ゲストOSの名前" --biossystemtimeoffset "$(./setday.rb)"

確認するには

VBoxManage showvminfo "ゲストOSの名前" | less

でTime offset:の項目を確認してください。
プログラムで取得した値がセットされていれば出来上がりです。

あとはゲストOSを立ち上げて、システム時間を確認すると指定した日付になっていると思います。

ちなみにセットした時間はTime offsetの名の通り、時間をずらしているだけです。
後日またゲストOSを同じ日付にしたい時には、このプログラムをその都度実行してあげる必要があります。

それでは、また。

wordpress30

LinuxUbuntuのマシンにワードプレスの実験環境をつくろうと思ってLAMP環境をインストールしてワードプレスをインストールしました。
ここまでは良かったのですが、プラグインのインストールがうまくいかず、ハマってしまったので解決策を記しておこうと思います。

プラグインインストール時に発生したエラー

要求されたアクションを実行するには、WordPress が Web サーバーにアクセスする必要があります。 次に進むには FTP の接続情報を入力してください。 接続情報が思い出せない場合は、ホスティング担当者に問い合わせてください。

そもそもこのFTP接続情報って、どこに対しての接続情報なんでしょうね。公式以外にもプラグインリポジトリが数多存在しているのでしょうか。
他サーバーでワードプレスを使ってきてこのような問題にぶちあたった事がなかったので、これは修正すべき問題だという事はすぐわかります。

いろいろ調べて見た結果、この問題は

wp-config.phpの最後に

define('FS_METHOD',  'direct');

と加えてやるだけで解決しました。
これでプラグインがダウンロードできるようになったのですが、目的のプラグインをダウンロードしようとすると
次のエラー文章

パッケージを展開しています… ディレクトリを作成できませんでした。

パーミッションの問題なんだろうなと。
全部777とかにしてしまうと後始末が面倒なのでピンポイントで処理したい問題です。

調べてみるとウェブサーバーにApacheを使っている場合、www-dataというユーザー、グループに権限をもたせたらいいという事のようです。
ということで、ワードプレスのディレクトリごと

#chown -R www-data:www-data *

という感じで解決できました。

上の

define('FS_METHOD',  'direct');

がうまく行かなかった場合、先にwww-dataに権限をもたせるのがいいのかもしれません。
解決し終わったあとに書いているので、時系列が前後しているおそれがあります。

mint-logo-200

どうもこんにちは、ずいぶん冷え込む季節になってまいりました。
皆さん、風邪などお気をつけください。

ノートPCにLinuxMintを導入

さて、先日使っていなかったノートPCを開発に寄与できるようにLinuxにしました。
LinuxのバージョンはUbuntuか迷ったのですが、結局Mintにしてみました。
新しもの好きなのです。

LIVE USBの作成

Linuxは、HDDにインストールせずとも、各メディアから起動が可能となっております。
CDとかDVDにするのが一般的なのですが、僕が使っているノートPCにはCD/DVDドライブがついていませんですので、USBからの起動をしようと考えました。

それでCinnamonというバージョンのLinuxMintをとってきて、ISOイメージをUSBに書き込む必要があったので
Unetbootinというソフトを使って、LinuxのイメージファイルをブータブルにUSBに展開しました。
しかしこれがうまくいかない。
“no bootable partition in table”
とディスプレイに表示されたまま無反応。
まあブートできないって訳ですね。

LinuxLive USB Creator

これで困ってしまったので別の手段を調べていると
LinuxLive USB Creator
http://www.linuxliveusb.com/
をつかってブートUSBを作る事も出来る事が分かりました。
これを使って設定を進めて行くと、どうやら僕のUSBがNTFSでフォーマットされている事が問題だったような。
フォーマットをFAT32に変更してからブートUSBを作成した所うまく行きました。
UnetbootinにおいてもFAT32のフォーマットであったならブートできていたのかもしれませんね。
なにしろ、LinuxLive USB Creatorに関してはそのあたりにも警告が出てくれて有りがたかったです。

今はおかげ様でMint生活を満喫しています。