Posts Tagged ‘wordpress’

wordpress30

WordPressのプラグインで写真を綺麗に表示する系のやつがありますよね。
レスポンシブデザインにも対応してたりで便利なやつですが、スマフォで見た時にでっかくなりすぎて見難いです。

はっきり言って、スマフォでは下手な小細工なしで画像のメディアリンクに飛ばして見せた方が見やすい。

という事で、PCの時にはLightboxプラグインをON、モバイルの時にはOFFの方法をご紹介したいと思います。

WordPressのプラグインの編集を使って、lightbox-index.phpみたいに、HTMLを生成してるphpがあると思いますので、そこの冒頭に

と追記してあげましょう。

これで、スマフォで見た時にはLightboxプラグインの機能をOFFにできます。

ということで、スマフォでのLightboxの表示に納得行かない方はぜひお試しくださーい♪

wordpress30

LinuxUbuntuのマシンにワードプレスの実験環境をつくろうと思ってLAMP環境をインストールしてワードプレスをインストールしました。
ここまでは良かったのですが、プラグインのインストールがうまくいかず、ハマってしまったので解決策を記しておこうと思います。

プラグインインストール時に発生したエラー

要求されたアクションを実行するには、WordPress が Web サーバーにアクセスする必要があります。 次に進むには FTP の接続情報を入力してください。 接続情報が思い出せない場合は、ホスティング担当者に問い合わせてください。

そもそもこのFTP接続情報って、どこに対しての接続情報なんでしょうね。公式以外にもプラグインリポジトリが数多存在しているのでしょうか。
他サーバーでワードプレスを使ってきてこのような問題にぶちあたった事がなかったので、これは修正すべき問題だという事はすぐわかります。

いろいろ調べて見た結果、この問題は

wp-config.phpの最後に

define('FS_METHOD',  'direct');

と加えてやるだけで解決しました。
これでプラグインがダウンロードできるようになったのですが、目的のプラグインをダウンロードしようとすると
次のエラー文章

パッケージを展開しています… ディレクトリを作成できませんでした。

パーミッションの問題なんだろうなと。
全部777とかにしてしまうと後始末が面倒なのでピンポイントで処理したい問題です。

調べてみるとウェブサーバーにApacheを使っている場合、www-dataというユーザー、グループに権限をもたせたらいいという事のようです。
ということで、ワードプレスのディレクトリごと

#chown -R www-data:www-data *

という感じで解決できました。

上の

define('FS_METHOD',  'direct');

がうまく行かなかった場合、先にwww-dataに権限をもたせるのがいいのかもしれません。
解決し終わったあとに書いているので、時系列が前後しているおそれがあります。